野沢登代

使っていないオマンコに潤いを取り戻す野沢登代60歳AV出演で第二の青春
還暦熟女と言えば着物姿!下着を着けずに大胆初脱ぎ全裸に!

 

野沢登代

 

60歳還暦でAVデビューしたのが野沢登代さん
過度なメイクや衣装抜きでリアルな60歳の雰囲気で登場!

若干白髪かかった髪の毛もそのまま
還暦熟女ファンにはたまらない雰囲気がプンプンです^^

冒頭のインタビューでもおっとりとした飾らない喋りで
ホント近所にいそうなお婆ちゃんみたいです。

 

中襦袢の下はノーパン&ノーブラです^^

 

還暦熟女と着物のコラボレーションはイイ!

 

意外にも綺麗な肌をしているので一同驚愕!

 

肌が綺麗でマン毛も少なめなのでおマンコ周りもとても綺麗

 

ボディーは還暦熟女そのものです^^

 

肌は意外にもきめ細やかでとても綺麗
垂れ方は歳相応というか結構だらしなく垂れています。

特にオッパイからお腹周りへのシワシワ感は60代熟女そのもの!
お尻も張りがなくなり大きいお尻がちょっと垂れています。
完全に完熟マニア御用達のボディーとなっています^^

しかし!
野沢登代さんの一番のチャームポイントは感じた時の表情です!

 

このつぶらな瞳で見つめてくるのは反則です^^;

 

常に目を見つめてくる野沢登代さん

 

潤々とつぶらな瞳で触っている男優さんを見つめる表情は
まるで10代の少女のようにまっすぐに何かを訴えかけるように顔で語っています。

この可愛い表情で見つめられたら…

ついついギュッと抱きしめたくなる気持ちにさせられるでしょう。
そんな可愛い表情をもった熟女さんです。

そして、その表情の延長線上でフェラチオシーンへ突入^^
サジェスティックな気持ちになりながらついつい腰をグイグイと押し付けてしまいそうです(笑)

 

見つめながらフェラチオされるとコッチが恥ずかしくなります

 

極太のデカチンポも上手にシャぶる野沢登代さん

 

セックス自体はスローで単調な感じですが
途中、軽く潮吹きしちゃうくらい生チンポに感じてしまう野沢登代さん。

ルビーお約束の短編ドラマでは役にハマってセリフが自動的に出てくるほどです。
好奇心旺盛な60歳でAVデビューした野沢登代さんのリアルな還暦セックスを堪能してみてください!

 

セックスレスの欲求不満を晴らすように腰を降ります

 

お尻は大きめです^^

 

もちろんフィニッシュは閉経オマンコへ大量精子中出しでドロッと垂れてきます

還暦で初撮り 野沢登代

【Chapter1】着物姿でインタビュー

 

【Chapter2】全裸脱ぎからのファーストセックス

 

【Chapter3】小休止で談笑

 

【Chapter4】バイブオナニー

 

【Chapter5】未亡人役の短編ドラマ

 

【Chapter6】撮影後インタビュー

 

AV女優としてデビューする女性は様々な経験をしてきたせいか、スレた感じの女性が多い中、この作品の野沢登代さんはそんな雰囲気はまったく無く素朴でおっとりとした性格の良さそうな人間性が前面に出ていて好感が持てます。もうこのまんま、ありのままの姿で色んなシリーズに出れそうです。60歳ということで、特に若く見えるわけでもなくリアルな歳相応なボディーはマニア向け。初めて出演するAV撮影にも前向きに取り組む姿勢はきっと売れる女優さんになっていくでしょう。まだまだ少ない還暦女優に期待のニューフェイスが登場しました!

 

掲示板へコメントを残す
コメント一覧
  1. 69 より:

    たしかに!この瞳には興奮するかも

  2. 還暦熟女好き より:

    この方すごくいいですね!着物もよく似合っているし喋り方が優しいです。おばあちゃんって雰囲気が漂ってます。この作品だけじゃなくもっと違うタイプのセックスを見てみたいです。還暦以上の女優さんがもっと増えて欲しいですね。

    • 管理人 より:

      まだデビューしたばかりですがおそらくルビーからデビューした女優さんは単発で終わらないと思います。次作に期待ですね!

  3. 匿名 より:

    着物が似合ってらっしゃいますね。こういう女性を見てみたいですね。

    • 管理人 より:

      還暦熟女らしさがでて着物が良く似合っています。ノーパンノーブラっていうのもこだわっています。

  4. 小山 より:

    あら!キレイなお婆ちゃんタイプですね!( ・∀・)イイ!!

  5. 匿名 より:

    見たこと無い女性だと思ったらデビューしたばかりなですね。チェックしてみます。いつもキレイな熟女さんばかりでたのしくなっちゃいます。

  6. トク より:

    いやーほんといい年頃の熟女ばかりですね

コメントを残す