高齢熟女モノの漫画作者『ふじさわたつろー』アダルトコミックまとめ

月間エロ漫画のWEB版コミック激ヤバに毎月漫画を描いているふじさわたつろーの熟女モノ作品
ふじさわたつろーの作品はほとんどが母と息子の近親相姦のストーリーとなっている。

ほとんどが40代半ばの母親という設定になっている

 

 

峰子オバさんの快楽指南

●発売日 :2017/10/10
●タイトル:峰子オバさんの快楽指南

18,19歳くらいの主人公と叔母(推定40代半ば)のストーリー。
ふじさわたつろーお得意のごくありふれた豊満叔母さんを描写。
セックスまでのストーリー展開が素早い!(笑)

 

 

 

となりの舞子オバさん

●発売日 :2017/6/10
●タイトル:となりの舞子オバさん

高校生くらいの主人公と隣に住んでいるおばさん(推定40代後半)のストーリー。
ふじさわたつろーには珍しく豊満熟女では無く細身の熟女を登場させている。
主人公に簡単に中出しさせるところから、もうすでに閉経間近か、終わっている年齢と思われる。

 

 

母さんの愛しい裸体シリーズ

 

 

母45歳、息子15歳くらいの設定で、偶然、ふろ場の扉を開けると母が入っていて裸体を見てしまったところから物語は始まる。
メガネを掛けたポッチャリとした、どこにでもいそうな雰囲気の母親で描写されているのが現実味があってよい^^

というか、この年代の熟女好きの殿方は、ポッチャリした普通っぽい熟女が好きっていうことを良く理解している作者さんだ。
妙に綺麗に描写したり若い子と同じような裸体を描かれても正直ゲンナリしてしまうのは私だけではないでしょう。

この母さんの愛しい裸体シリーズは単話で終わるのが普通の激ヤバコミックの中で珍しくシリーズモノとなっていて、
このシリーズが人気が高いというのがよくわかる。

ふじさわたつろーの作品を知りたいって人はぜひ、このシリーズから読んでもらいたい。


 

母さんの愛しい裸体 1


母さんの愛しい裸体 2


母さんの愛しい裸体 3


母さんの愛しい裸体 4


 

 

熟女好きによる、熟女好きのためのメールマガジン!!

熟女好きならあなたも、ぜひ登録してくださいね^^

コメントは受け付けていません。